遠方の賃貸物件を探す

ある程度準備期間のある引越しであれば、ゆっくりと物件探しをすることができるのですが、急な引越しとなると、引越し先の現地で物件を探すことも難しくなります。しかし、インターネットを利用することで、物件探しは好きな時間に行うことができるのです。

インターネットで検索

引越し先の賃貸物件を探す場合、最も困るのが引越し先が遠方である場合ではないでしょうか。一般に、物件探しをする場合、現地の不動産業者で家賃や間取りなど、条件を提示して紹介してもらうことになります。簡単に行けるところであればよいのですが、遠方であまり時間がとれないとなると、なかなかこういった方法での物件探しは難しいですよね。

近年はインターネットで情報共有されており、賃貸物件に関してもインターネットで検索することが可能です。

この方法であれば、内見は別ですが、候補となる物件はどこからでも探すことができます。そのためには、情報が公開されている物件というのが前提となります。中には、情報公開されていない物件もあるので、こういった物件に関しては、現地の不動産業者で情報を得る必要があります。

どこにでもあるアパマンショップ

賃貸物件を探す場合、よく見かけたり、CMでも見たり聞いたりすることが多いのがアパマンショップではないでしょうか。賃貸の仲介を専門にした業者もいくつかあるのですが、アパマンショップは国内で最も店舗の多い不動産業者です。もちろん、店舗数の多さが扱っている物件数の多さにもつながっています。

あちこちの業者で物件探しをする場合、それぞれの不動産業者に出向かなくてはならないのですが、業者を限定してしまえばその手間も少なくなります。さらにどの地域にもある業者であれば、インターネットで全国の物件の検索が可能になるのです。

大村浩次とフランチャイズ

アパマンショップは大村浩次が1999年に創業した賃貸仲介を専門とした不動産業者です。自社の直営店を増やすのではなく、全国の賃貸仲介を行っている不動産業者の店舗をフランチャイズ化して店舗を増やし、現在は1000を超える店舗数となっているのです。

但し、フランチャイズということもあり、一部の直営店を除き、店舗はそれぞれ独立した小さな不動産屋ということになります。

しかし、この不動産賃貸仲介のフランチャイズという方式は、以前から現社長の大村浩次が自社ブランドづくりと新たな賃貸ビジネスのために研究を行っていたものなのです。さらにIT化にも力を入れており、物件の検索を行うことのできるソフトウェアの開発にも力を入れています。自社ブランドの構築だけでなく、新らしい賃貸ビジネスを開拓しているのです。