ITを活用する不動産賃貸業界

インターネットの普及によって、さまざまな業界がIT化を行っています。不動産業界もIT化によって物件の検索などはパソコンを使用して簡単にできるようになっています。以前であれば、書類を探していたのですが、現在は画面上で簡単に検索が可能になっています。

不動産賃貸のIT化

不動産の賃貸といえば、さまざまな業者がありますが、全国規模で業務を拡大している企業というのは限られてきます。中でもアパマンショップは国内でナンバーワンの店舗数を誇る不動産業者です。

各都道府県に店舗があるというだけではなく、あらゆる地域に店舗があるといってもいいのかもしれません。その店舗数は1100店舗を超えているのです。

これだけの店舗数を可能にしているのが、社長である大村浩次が以前から研究を行っていた全国の不動産業者をフランチャイズ展開するといった方法です。もちろんFC店は、直営店とは異なり、それぞれがひとつの不動産業者となりますが、それらを統合してデータを共有しているというのは、すごいことなのかもしれません。

膨大な物件の数

アパマンショップのように、複数の不動産業者をフランチャイズ化して、物件の情報を共有することで、全体で取り扱う物件は、全国レベルとなり、扱う物件の数も膨大なものになります。その物件を検索するには、データベースの構築と検索システムの作成が必要となります。

アパマンショップホールディングスの場合、もともと創業時はWEBやクラウドのテクノロジーを提供する会社であったということもあり、IT技術には特化していたというのがあるようです。これは、そもそも「ITを活用して不動産業界の質的向上に貢献したい」という思いをもって大村浩次が会社を設立しているのです。創業前に大村浩次はフランチャイズの研究だけでなく、ITに関しての研究も行っているのです。

便利な検索機能

ITによる不動産の賃貸物件の検索で最も便利な機能となるのが、全国どこからでも物件の検索が可能になるという点です。特にスマートフォンの普及した現代であれば、公共の交通機関で移動中であっても物件探しができるということになります。

急な転勤など、仕事が忙しい場合、物件探しを行う時間はあまりとれないことも多いのですが、こうした検索であれば不動産屋に出向くことなく、ちょっとした時間を利用して物件探しが可能になります。気になる物件はチェックしておき、後日時間のとれたときに、扱っている不動産屋に出向けばよいのです。ある程度物件が絞り込めたところで、スケジュールを組んで内見をすれば、時間を有効活用できるのではないでしょうか。

管理人が選ぶサイト◇◇◇Amazon.co.jp – 相続税対策! 土地活用で財産を残せ|曽根恵子 、 大村浩次