自宅で引っ越し先を探す

不動産屋を限定すれば内見は楽?

転勤や入学等がある場合、現在住んでいる場所から離れなくてはならないケースも多くあります。そういった場合、現地の不動産屋で物件を紹介してもらうことが多くなります。最近では、インターネットで物件を探すといったことも多いのではないでしょうか。しかし、実際に候補となる物件を見つけても、内見を行うため、管理をしてい不動産屋に鍵を借りたり、同行してもらったりといった内見が必要となります。

今、住んでいる場所から近ければ、内見を行うのも面倒ではありませんが、遠隔地の場合、複数の物件を効率よく内見して回るにはしっかりとスケジュールを立てなければならなくなります。これが複数の物件で不動産屋も違うとなるとなかなか難しいのではないでしょうか。

不動産屋を1社に絞ってしまうことができればスケジュールを立てるのも簡単にできそうです。鍵を借りるにしても、同行してもらうにしても、あちこち回る必要がないので物件の場所を考えて効率よく回ることができるようになります。

店舗の多い業者が便利

不動産屋を限定した場合、扱っている物件の多い不動産屋、また、あちこちに店舗のある店舗の多い不動産屋であれば、地域限定ではなく、通勤、通学を考えて複数のエリアで引っ越し先の物件を探すことが可能になります。

大村浩次が創業したアパマンショップのような賃貸の仲介を専門とし、全国に多くの店舗を持っている不動産業者であれば、国内のさまざまな地域で物件を探すことができるため、便利になりそうです。ウェブで検索する場合は、業者に関係なく検索も可能ですが、内見の手間を考えれば、アパマンショップなど、特定の業者のサイトで検索すれば、業者を1社に絞ってしまうことが可能になるのです。

特に転勤の場合は、現地で内見するためには、休日を利用したり休みをとって行う必要があるため、候補が多くなるほど、内見が大変になってしまうのです。

大村浩次が立ち上げたアパマンショップ

アパマンショップは賃貸の仲介を専門とした不動産業者で、大きな特徴のひとつとして、その店舗数の多さがあります。現在ではその店舗数は1100を超え、国内の各地に店舗があるのです。実際にどこに行っても店舗があるといった感じではないでしょうか。

また、大きな特徴のもう一つが、その店舗はほとんどが直営店ではないということです。直営店もいくつかありますが、フランチャイズのスタイルをとっており、それぞれは小さな町の不動産屋さんといった形式となっているのです。不動産仲介に関しては、創業前に大村浩次を始め、大手の不動産業者の代表たちが研究していたもので、それを実際に実務に反映させたのがアパマンショップということになります。

遠方の賃貸物件を探す

ある程度準備期間のある引越しであれば、ゆっくりと物件探しをすることができるのですが、急な引越しとなると、引越し先の現地で物件を探すことも難しくなります。しかし、インターネットを利用することで、物件探しは好きな時間に行うことができるのです。

インターネットで検索

引越し先の賃貸物件を探す場合、最も困るのが引越し先が遠方である場合ではないでしょうか。一般に、物件探しをする場合、現地の不動産業者で家賃や間取りなど、条件を提示して紹介してもらうことになります。簡単に行けるところであればよいのですが、遠方であまり時間がとれないとなると、なかなかこういった方法での物件探しは難しいですよね。

近年はインターネットで情報共有されており、賃貸物件に関してもインターネットで検索することが可能です。

この方法であれば、内見は別ですが、候補となる物件はどこからでも探すことができます。そのためには、情報が公開されている物件というのが前提となります。中には、情報公開されていない物件もあるので、こういった物件に関しては、現地の不動産業者で情報を得る必要があります。

どこにでもあるアパマンショップ

賃貸物件を探す場合、よく見かけたり、CMでも見たり聞いたりすることが多いのがアパマンショップではないでしょうか。賃貸の仲介を専門にした業者もいくつかあるのですが、アパマンショップは国内で最も店舗の多い不動産業者です。もちろん、店舗数の多さが扱っている物件数の多さにもつながっています。

あちこちの業者で物件探しをする場合、それぞれの不動産業者に出向かなくてはならないのですが、業者を限定してしまえばその手間も少なくなります。さらにどの地域にもある業者であれば、インターネットで全国の物件の検索が可能になるのです。

大村浩次とフランチャイズ

アパマンショップは大村浩次が1999年に創業した賃貸仲介を専門とした不動産業者です。自社の直営店を増やすのではなく、全国の賃貸仲介を行っている不動産業者の店舗をフランチャイズ化して店舗を増やし、現在は1000を超える店舗数となっているのです。

但し、フランチャイズということもあり、一部の直営店を除き、店舗はそれぞれ独立した小さな不動産屋ということになります。

しかし、この不動産賃貸仲介のフランチャイズという方式は、以前から現社長の大村浩次が自社ブランドづくりと新たな賃貸ビジネスのために研究を行っていたものなのです。さらにIT化にも力を入れており、物件の検索を行うことのできるソフトウェアの開発にも力を入れています。自社ブランドの構築だけでなく、新らしい賃貸ビジネスを開拓しているのです。

ITを活用する不動産賃貸業界

インターネットの普及によって、さまざまな業界がIT化を行っています。不動産業界もIT化によって物件の検索などはパソコンを使用して簡単にできるようになっています。以前であれば、書類を探していたのですが、現在は画面上で簡単に検索が可能になっています。

不動産賃貸のIT化

不動産の賃貸といえば、さまざまな業者がありますが、全国規模で業務を拡大している企業というのは限られてきます。中でもアパマンショップは国内でナンバーワンの店舗数を誇る不動産業者です。

各都道府県に店舗があるというだけではなく、あらゆる地域に店舗があるといってもいいのかもしれません。その店舗数は1100店舗を超えているのです。

これだけの店舗数を可能にしているのが、社長である大村浩次が以前から研究を行っていた全国の不動産業者をフランチャイズ展開するといった方法です。もちろんFC店は、直営店とは異なり、それぞれがひとつの不動産業者となりますが、それらを統合してデータを共有しているというのは、すごいことなのかもしれません。

膨大な物件の数

アパマンショップのように、複数の不動産業者をフランチャイズ化して、物件の情報を共有することで、全体で取り扱う物件は、全国レベルとなり、扱う物件の数も膨大なものになります。その物件を検索するには、データベースの構築と検索システムの作成が必要となります。

アパマンショップホールディングスの場合、もともと創業時はWEBやクラウドのテクノロジーを提供する会社であったということもあり、IT技術には特化していたというのがあるようです。これは、そもそも「ITを活用して不動産業界の質的向上に貢献したい」という思いをもって大村浩次が会社を設立しているのです。創業前に大村浩次はフランチャイズの研究だけでなく、ITに関しての研究も行っているのです。

便利な検索機能

ITによる不動産の賃貸物件の検索で最も便利な機能となるのが、全国どこからでも物件の検索が可能になるという点です。特にスマートフォンの普及した現代であれば、公共の交通機関で移動中であっても物件探しができるということになります。

急な転勤など、仕事が忙しい場合、物件探しを行う時間はあまりとれないことも多いのですが、こうした検索であれば不動産屋に出向くことなく、ちょっとした時間を利用して物件探しが可能になります。気になる物件はチェックしておき、後日時間のとれたときに、扱っている不動産屋に出向けばよいのです。ある程度物件が絞り込めたところで、スケジュールを組んで内見をすれば、時間を有効活用できるのではないでしょうか。

管理人が選ぶサイト◇◇◇Amazon.co.jp – 相続税対策! 土地活用で財産を残せ|曽根恵子 、 大村浩次

着実に店舗数を増やすアパマンショップ

アパートやマンションの賃貸物件の仲介を専門に行っているアパマンショップは、創業以来、店舗数を増やしており、現在では1100を超える店舗を国内の各地に展開しています。テレビCMでもおなじみのアパマンショップはどんな不動産屋なのでしょうか。

大村浩次により1999年に創業

APAMAN株式会社の創業は1999年で、現代表取締役社長である大村浩次によって創業されています。現在の本社は東京都千代田区大手町になりますが、創業時は東京都新宿区で、品川区、中央区と何度か移転して現在の住所となっています。創業時は株式会社アパマンショップネットワークという商号だったのですが、2018年に現在の商号であるAPAMAN株式会社になっています。

創業当時に福岡市博多区に福岡支店を開設しているのですが、福岡は大村浩次の出身地でもあるということから、思い入れは強いようです。実際に、Jリーグのアビスパ福岡が存続の危機に直面していた時に、救済のためにいろいろと尽力されていたようです。

フランチャイズによる店舗展開

アパマンショップの店舗はそのほとんどが直営店ではなく、フランチャイズ契約を行っているFC店になります。アパマンショップのブランドのもとで小さな不動産屋さんが集まったといった感じでしょうか。基本はそれぞれが経営者の異なる不動産屋となりますが、一部では複数の店舗を持つ不動産業者がそれぞれの店舗をまとめてFC化しているといったケースもあるようです。

それぞれが異なる不動産屋ということもあり、クオリティに違いが出てくるのですが、フランチャイズに加盟する際に一定の条件があるため、クオリティが低いということはないようです。実際に、どの店舗も白と青を基調とした内装となっており、同様に清潔感のある店舗となっています。

店舗数が多く、物件も多いことから、全国のどこでも物件探しができるというのは大きなメリットとなるようです。

リーマンショックによる影響

創業以来、快進撃を続けていたアパマンショップもリーマンショックによって大きな影響を受けています。実際に、不動産業者がいくつも倒産に追い込まれる中、アパマンショップも大きな赤字決算となっています。しかし、不動産の仲介を専門としていたことが功を奏しているのです。

賃貸物件であれば、小口ではありますが、現金が入ってくるのです。そのため、他の業者とは異なり、倒産の危機は免れたようです。その後も本業に専念することで、それまで以上に業績を上げ、フランチャイズ契約も増やしており、現在の国内でもトップとなる店舗数を持つ不動産賃貸専門業者となっているのです。

アパマンの3つの事業

アパマンと聞くと、アパートやマンションの賃貸の仲介を専門にした全国展開している不動産業者といったイメージがありますよね。これは事業の1つで、他にもさまざまな事業を行っているのです。どんな事業を行っているのでしょうか。

大村浩次が創業

アパマンは、現社長である大村浩次が1999年に創業した会社で、創業当時は不動産業界へのITテクノロジーの供給を中心としています。その後、不動産の仲介における業務をフランチャイズ展開し、現在のAPAMAN株式会社となります。このAPAMAN株式会社というのは、2018年に商号変更が行われたもので、つい最近のことです。

現在は、アパマンホールディングスを中心としたグループ企業となっており、シェアリングエコノミー、プラットフォーム、クラウドテクノロジーといった事業を展開しています。賃貸斡旋はプラットフォームに含まれており、海外にも進出して中国や台湾、フィリピンなど6カ国11都市に展開されています。国内では47都道府県全てで、店舗数は1100を超えています。

シェアリングエコノミーの事業

政府の提唱する日本再興戦略2016に賛同して、スタートアップ企業やベンチャー企業、また、中小企業の第二創業の支援を行っています。また、それらの企業や大手企業とのビジネスのマッチングをする施設としてfabbitを運営しています。この施設は、国内では23カ所、さらに海外にも22カ所の拠点が運営されています。

他には、シェアサイクルと呼ばれる事業も行っています。これは、自転車のレンタル業で、ウェブサイトから登録し、予約をしてレンタルするものです。通勤や通学はもちろん、街乗りでも利用できますし、特に観光地での利用が便利なのではないでしょうか。

シェアパークは駐車場などの利用を行う事業で、エリアを指定して月極駐車場の検索が可能になっています。
これらの業務はそれぞれ、グループの子会社が行っています。

クラウドテクノロジーの事業

クラウドテクノロジーは大村浩次がアパマンの創業時に行っていたITテクノロジーがもとになっており、さまざまなサービスの提供を行っています。シェアリングキーでは遠隔操作、防犯、履歴の管理を実現可能にしています。また、LINEを使用した物件探しもチャットでサポートするといったAIによる物件紹介も行われています。ロボットによる業務の自動化も業務のひとつとなっています。

他にも、紹介、来店、査定、訪問といったさまざまなクラウドサービスが提供されています。近年注目されているeラーニングも行っています。

Apaman Network株式会社、株式会社システムソフトが事業を行っています。プラットフォームが中心でありながらも、クラウドテクノロジーも重要な業務のひとつとなっています。